痛くないインプラント治療・静脈内鎮静麻酔

インプラント治療を詳しく知ろう

MENU

痛くないインプラント治療・静脈内鎮静麻酔

最近は、歯科医療業界では、痛くない治療への関心度が高まっています。
それは虫歯や歯周病などの治療だけでなく、
インプラント治療においても、痛くない治療法への取り組みが進んでいます。
では、痛くないインプラント治療は、どれぐらい痛みが少ないのでしょうか?

 

まずインプラント治療は、外科手術を行うため、手術中の痛みに不安を覚える人も多いでしょう。
しかし実際には、手術中は局所麻酔を行っているため、痛みはほとんど感じる事がありません。
虫歯の場合は、固い歯におおわれた神経にまで、麻酔が行き届かないと痛みが発生してしまいます。
ですが、インプラントの場合は、骨まで麻酔が行き届けば効果があるので、
インプラント治療の方が麻酔が効きやすいと言えるでしょう

 

また痛みに特に弱いという人にオススメのインプラント治療法は、静脈内鎮静法がオススメです。
静脈内鎮静法とは、向精神薬、
鎮痛剤を組み合わせて静脈内に投与する事で、不安や痛みを和らげる効果があります。
薬を投与すると1〜2分の間に半分眠った状態になるため、
手術中の記憶はほとんどない状態です。
ですが、全身麻酔をしているわけではなく、意識は残した状態で、
生体の防御反応も保たれているため、身体への負担が少なく安全性は高いと言えるでしょう。

 

インプラント治療の術後の痛みに関しては、
骨にインプラントを埋め込むだけなら痛み止めを1〜2回飲めば、その後は痛みを感じる事もなくなります。
骨や歯茎を移植する場合は、メスを使用するので、術後2〜3日腫れが残る場合があります。

 

川崎でインプラント治療を得意とする歯医者オーラルデンタルクリニック川崎の詳細について