インプラントのメンテナンスとは

インプラント治療を詳しく知ろう

MENU

インプラントのメンテナンスとは

インプラント手術を終えて歯槽骨とテクスチャーが結合したら、歯冠部分を被せてインプラント治療の大半は終了です。
その後、細かな調整を経てようやく治療を終えた皆さんは、歯が欠損した以前と大差のない噛み心地で食事を楽しめることでしょう。
 

 

インプラントは他の義歯よりも本物の歯に近く、耐久性も優れていますが、人工物であることを忘れてはいけません。
すなわち、定期的にメンテナンスをしてあげないと、インプラントが原因となってお口トラブルが発生することもあるのです。
インプラントを埋め込んだ部分の歯茎が炎症を起こすことをインプラント周囲炎と呼びますが、これは歯周病菌が炎症の原因となっていることが多いのです。
放置していると他の歯茎にも歯周病菌が広がり、歯周病が蔓延することになりかねません。

 

インプラント手術を終えた後のメンテナンスとしては、自宅でのブラッシングが不可欠です。
インプラントを埋め込んだ箇所は特に念入りに磨いて、細菌や食べカスが残らないように気を付けましょう。
自宅だけでなく歯科医院を定期的に訪ねて、プロの手でメンテナンスしてもらうというのも重要です。

 

インプラントは埋め込んだ歯の根元のパーツは取り外せませんが、歯冠部分のパーツやアバットメントと呼ばれる連結部分のパーツを外し、その中の汚れを取り除くといった処置をしてくれます。

 

これは素人の手には負えない処置ですから、お口の健康全体を確認してもらうついでにインプラントのメンテナンスを受けると良いでしょう。
万が一インプラントがお口に合っていないといった場合でも、定期的にインプラントのメンテナンスをしていれば早期に対処することが可能になるのです。