ガイデッドサージェリーのメリットとデメリット

インプラント治療を詳しく知ろう

MENU

ガイデッドサージェリーのメリットとデメリット

インプラントの治療では、歯を失ってしまった顎の骨にドリルで穴を開けて、人工歯根を植え付ける手術を行います。
この時、口の中は狭くて暗いため、ドリルで穴を開ける位置がズレてしまう、なんて事が発生すると、
重大な事故に繋がってしまう恐れがあります。インプラント手術前に、そんな話を聞くと不安になってしまいますよね。
しかし、だからこそ安全性を追求する「ガイデッドサージェリー」の治療の重要性が増すわけです。

 

ガイデッドサージェリーとは、インプラントの精度を向上させるためのシュミレーションソフトの事です。
人の感覚で手術を行うのではなく、インプラントのズレがほぼなくなり、高精度な治療を行う事が可能となります。
またメスや針を使用せずに治療が行える事で、術後の腫れや痛み、出血を抑える事が出来、身体への負担が少ない治療法です。

 

ガイデッドサージェリーの凄さの理由は、それだけではありません。
高精度なシュミレーションを寸分なく再現するために、データを元に手術用の器具が送られてきます。
その器具には、ストッパーも付いているので、間違って深く削り過ぎたり、削る場所がズレるという事がなくなります。
結果として、シュミレーション通りの安全なインプラント治療を行う事が出来る、画期的な手術法だと言えるでしょう。

 

ガイデッドサージェリーを利用すれば、事前にシュミレーションが出来るだけではありません。
例えば、術後に使用する仮歯をシュミレーションを元に事前に作成する事が可能です。
そうすれば、後日作成した仮歯を入れる治療を別に行う必要がなく、当日仮歯まで入れて帰る事が出来ます。
つまり、ガイデッドサージェリーにより手術が簡単になり、手術時間の短縮にもつながっています。
安全性が高く、手術を単純化させる事が出来るガイデッドサージェリーですが、デメリットがない訳ではありません。
デメリットは、コストがかかる点、手術前の準備で来院回数が増える点、奥歯など使えないケースがあるという点です。

 

http://www.warabi-sakuradental.net/