インプラント手術を支える技術

インプラント治療を詳しく知ろう

MENU

インプラント手術を支える技術

インプラントは歯茎を切開するという手術を伴った治療です。
どんな内容であれ、手術は怖いという人も手術を成功させるために様々な技術が用いられていることを知れば、安心して手術に臨めるかもしれません。
今回は、インプラント手術を支える技術の進化について詳しく見ていきましょう。

 

細菌のインプラント手術はコンピュータによる支援を受けながら進めるという形がよく見られます。
例えばコンピュータを用いた手術のシミュレートや治療計画の立案です。
歯肉や歯槽骨の状態を入力し、それに基づいた治療計画を提案するシステムのほか、データで再現された口内環境を仮装し、手術の様子を頭に思い描くことも可能になっています。

 

歯科医師はプロフェッショナルですが、コンピュータを用いた事前のリハーサルがあれば、より正確で迅速に手術を終えることも可能なのです。
手術の最中も、事前に撮影したCT画像をもとにコンピュータがナビゲートするというシステムも導入されています。
歯槽骨の深さや歯茎の厚み、角度といったものがリアルな形でコンピュータに示されるだけでなく、手術の手順やそこから外れた場合の警告システムも存在します。

 

また最近では埋め込んだインプラントの機能を再生させる技術も注目を集めています。
それは光機能化と呼ばれるもので、経年によりインプラントの骨や皮膚に馴染む力が衰えてしまうという課題を解消してくれる可能性があるのです。
特定の波長をもつ光をインプラントに照射することで、撥水仕様に近づいていたインプラントが水との親和性を取り戻すとされているのです。

 

ご紹介したような技術は全ての歯科医院に導入されているわけではないので、治療を受ける前に歯科医院を調べることをおすすめします。
 

関連ページ

インプラント手術を受ける歯科医院選び
インプラント手術を受ける歯科医院選び
痛くないインプラント治療・静脈内鎮静麻酔
痛くないインプラント治療・静脈内鎮静麻酔
安心してインプラント治療を受けられる歯科医院選び
安心してインプラント治療を受けられる歯科医院選び